フルイリョウのブログ


by r_kurubushi

<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホント

あー。

ちょっとうんざり。

仕事場でうんざり。


俺はあんな風になりたくない!
まぁいいや。




誰かを本気で救いたいと思った事、ありますか?

力一杯、目一杯、フルスイングでそう思った事、ありますか?



あー。

にゃー。



グググッナイ。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-30 00:28

バンド

今日は仕事場でうんざり。

でもバンド練習は楽しく出来ました。
ライブも近づいてきたので、こう、バンド自体がキュっとなりたいですね。
えぇ気持ち悪いですけれど。
誉められたい。

そしてレコーディングもはじめていきたい。

百六十キロのストレートを投げてみたい。


眠い。

グググッナイ。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-27 23:49

やぁ

右手首に痛み。
右足裏に痛み。

早めに寝よう。
毎日思ふ。

さて、明日は練習日。

新曲出来たし、明日バッチリやろう!



夢を見よう。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-27 00:04

おーさか

c0101408_23431535.jpg

行って来ました。大阪!
社員旅行というやつです。
道頓堀付近を夜中にウロウロしてきました。
なかなか楽しかったよ。
満喫してきましたぜ。
俺にしては結構飲んだ。
たこ焼き食いました。
アメ村でレコ屋を発見して入店。なかなか良いものがありましたが、うーん、二百円高い!とかそんな感じで買いませんでした。
店内ではフィッシュマンズがかかってました。

とーきょーちほーにおーあめがぁー


しかーし!やはりアレが一番良かった!時間がなくて園内をあまり徘徊出来ませんでしたが、あの三つの顔を持つデカイやつに圧倒されっぱなしでした。
たろう!スゴすぎだぜ!たろう!
中に入りたかったな~。


そしてバスに揺られぐったりして帰ってきました。

またゆっくり行きたい。

そして今は布団に入り泥のように眠りたい。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-24 23:43

チケット

c0101408_10164.jpg

チケットもらってきました。チケットに載ってる絵はパンダです。会場にパンダは来ません。

ライブまであまり時間がない事が判明。
ヤバイ。練習しなきゃと焦る一方、新曲のアイディアが浮かぶがそれを具現化するのが大変。

うーむ……。
ベッコラベッコラ。違うなぁ。ベッコラベッコラ。うーむ。

違うなぁ。


とりあえずシャッフルでよろしくっす!

オルガンよろしくっす!



寝るっす。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-22 01:00

流れ流れてデスペラード

先日流れ星を見ました。
ピュイっと流れていきました。
冬らしく星がくっきり見える今日この頃。

ってかマジで寒い。
春待ち。既に春待ち。

先日、これまた先日ですが、エネループという充電器+充電池を購入しました。三千円くらいで、電池に出すにはちょい躊躇う金額ですが、電池を色んな場面で使うし、エコるのは金がかかる反面地球に優しい、世界に優しい、俺優しい。
俺、最高。

ビバ自己愛!


煮詰まってる上に寒いので脳が半分フリーズ。


寝るかなー。グググッナイ。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-20 01:25

えーが

週末はゆっくり過ごしました。
服が欲しい!と例の発作が起きましたが、収まりましたので心配しないでください。
まだ新曲のあやふやなとこがあったので、一人でつめる作業をしてました。
すると、どうでしょう?「ここ、変かな?」とか「これテンポ変えたほうがいいのかな?」と迷走し、そして瞑想。
原点回帰。忘れそうになってしまうので。
戻ってこれて良かったです。

今日はDVDをミマシタ。
「死ぬまでにしたい10のこと」という映画の主演女優と監督が作った映画。
「あなたになら言える秘密のこと」という映画ですが、何やら似たような邦題で、いかにもオサレなパッケージに皮肉たっぷりで挑んだんですが、良かった、というか、こう、グッとキマシタ。
サラ・ポーリーという女優さんなんですが、すごくキレイで自然。
物語は多少強引で、多くの含みがある。
その「秘密」の多くは「秘密」のままで、結末はちょっと俗っぽい感じがしましたが、前編にわたる静けさが好みです。
「死ぬまでに~」もそうでしたが、投げかけられる(と勘違いしてる)事は、脳内で変な科学融合を起こして歪に変なこと思い出した。
イヤン。

思わず、握りこぶし。

でも僕が知らないこと、世界は、人は、、まぁいいや。暇な人は観てみてください。


ブルータスを購入。
映画特集だったので。勉強、という気持ち半分。
木村カエラがデレク・ジャーマンの「ブルー」を挙げてたのには、ちょっと、、、。
木村カエラといえば、サクサクってまだやってんのね。
屋根には違う人が乗ってましたけどね。


じゃーおやすみなさい。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-19 00:33

ッッキターー!

キタ。
ビョーク来日。


なぜだ!なぜ名古屋トバシだ!
チケット高いし遠いし。
でも観たいな~。

昨日、練習でした。
僕らは僕らなりにやればいーんだよ。まわりと比べたくなるのは自信がない証拠だぜ。
俺は楽しいんだよ。くだらない話題で水を差してくれるなよ。

音を出す喜びを知らぬ間に他人からの評価の為に忘れたりしちゃならんぜ。


そういや先日ツレの家でみんなが集まり飲みました。いやー、内助の功っていうの?ツレの奥さんは皆キレーで動きに不自然さがなくて羨ましく思いました。
あーゆーのは日常ってのが出るのね。
なんか結婚って悪くないんじゃないかという気がしました。




とりあえず今のところ俺は呑気に歌うだけです。

多くを望むのはなかなか大変な事だからね。


グググッナイ。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-16 00:35

いやー今日から寒くなりました。
ホント寒いとコタツとかに入って何もしたくなくなる。朝も辛い。

寒さに意識をとられ、何も考えられなくなる。

うーむ、これじゃイカン、という事でギターを抱え、詞を考える。
出てこねぇ。

歌詞ってペンを握り、机に向かっても必ず書けるもんじゃない。
と言い訳して寝ます。

うーん、書けないよ~。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-12 23:48

音楽について、個人主観

現在、久方振りのマッキントッシュで書き込んでいる。
程よく、夜中。

土曜日で疲れもなく、このまま朝まで起きていたいが、それは月曜の朝になって後悔するのが解りきっている事なので、もう少ししたら眠りに就こう。

新しい曲を書こう(書く、という言い方はスゴク素敵だ)と思い、イメージを膨らませるのだが、なかなか難しい。最近バンドで演奏、創作している曲はある意味、自分には新境地である。
ポップさの追求。それは勿論、自分の中で追い求めている事である。
ポップという自分が慣れ親しんできた感触を自分の中で追求する事。
一つ、大きな前提として僕はオリジナリティの追求というものに全く興味がない。
というと自作曲をバンドで演奏する事に意味があるのか?という事にもなりかねないが、そもそもこの現代でオリジナリティというのがどれ程有効で、魅力的であるのか疑問である。これは勿論個人的主観ですが。
世の中は素晴らしくて魅力的でもうヤラれてしまう音楽が沢山溢れている。
これが今まで僕が音楽を演奏したり聴いたりして分かった事の一つである。
オリジナリティを本気で追求したいのであれば人間をやめたらいい。
その一方で、才能に恵まれた人間というのは何をしてもそれは唯一無二になってしまう。例えばビョーク。あの人の音楽は一つのジャンルと言えるとおもう。
それらの素晴らしい音楽に沢山影響を受け、憧れて今日まで音楽を続けてきた。
例え本気の趣味であったとしてもこれからも「続けてきた」と言いたいもんだ。

オリジナリティと無知とはまるで違う。
だからこそ僕は耳を育ててきた。
これも前提だけど、勿論僕は凡人である。
それは少しも恥ずかしい事でもない。


私、古井亮としての器。それが自分自身でどこまで育て、磨けるのか。
幸運とでもいうべきか、僕は音楽以外の熱心な趣味を持たないまま、この年になった。
長く続けていれば、少なくとも昨日ギターをはじめた人よりは上手く弾く事ができる。
曲やアレンジというものを構築していく時、いわゆる「引き出し」の数も増える。
それは長く続けていた事による功績とも言える。

最近は車の中で、自分達のバンドの録音ばかり聴いている。
こんな事を書くのもどうかと思うが、悪くない。
勿論、自分が書いた曲なので、気に入ってなければいけないわけだけど、なんかグッとクルものがある、時がある、と思う。

自分が曲を作り、バンドで演奏する。そもそも曲を作るというのも、やはり効率良くできるようになるのは長く続けていく事なのかもしれない。
えぇ、効率良くできませんけどね。まだ。

音楽というのは感覚。いくら理屈でこねくりまわしても結局グッとこなければダメだと思う。あとはいかに客観性を持って曲を見る事ができるか、ということだと思う。
自分の子供を他人の子供のように見る。えぇ僕は子供どころか結婚さえしてませんけどね。

みな解りきった事を偉そうに書いてみた。
しかし、そんな風に言葉にして現在、過去を少し振り返ってみる事が今の僕にとって必要な事なのかな、と。

そしてまた曲作りという影に追われ、迷路に迷い、心奪われるのでした。

おやすみ。
[PR]
by r_kurubushi | 2007-11-11 02:27